2007年05月30日

万能の天然植物活性液=HB−101

HB−101を知ったきっかけは、7〜8年前に黄楊の木を移植した際に樹勢が弱まったことから、新聞で効能を知り、試しに取り寄せて散布したところ、見違えるように甦り、家族と共に感服し、以来、我が家の庭木の常備薬になっています。


最近では、門かぶり松の樹勢が弱まり、植木職人も松くい虫に犯されているとして、新しい松に植え替えを進めていましたが、HB−101を薄めて散布しましたら、嘘のように勢いが出てきました。


植物以外にも、私自身数年前に軽いムチウチとなり、首が瞬時に動かせなくて悩んでいましたから、試験的にHB−101をコーヒーに一滴落とし、気の向いた時に飲料しておりましたところ、二週間位たったある日、突然寒気に襲われ熱も出て(風邪の熱では無い感じ)、寝ていましたら首廻りに熱を持った感じで、翌日には熱も引き、気がつくと首がスムースに動かせるようになっていました。


本当に、HB−101は万能の天然植物活性液だと思います。
posted by nonnon at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/43369486
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ネットサーフィンに疲れたら、こちらで一服。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。